2013年8月の記事一覧

あなたは薬剤師で、転職を考えておられるでしょうか。

薬剤師は売り手市場だと言われています。つまり、必要とされている人数に対して、薬剤師資格者の数が少ないということです。

これが何を意味するかと言うと、転職に有利ということです。

今、職業によって、就職希望者の数に対して求人の数が多い職種と、逆に少ない職種がはっきりわかれていますが、薬剤師は、高齢化社会が進むこともあり、今後も就職には有利ということになります。

でも、だからといって、やみくもに転職活動をしても、よい求人に行きつくというわけではありません。

成功する転職のコツというものがあります。看護師などでもそうですが、今では転職支援サービスというものが発達していて、これを使うと有利な条件で転職を成功させることができます(「薬剤師 転職」を参照)。

転職支援サービスとは、転職の仲介をしてくれるサービスですが、いくつもの似たようなサービスがありますので、その中からココという会社を選んで、登録することが第一歩になります。

その後、ふつうは専任の担当者が付いてくれますので、希望の求人の条件などを伝えておき、希望に合う求人を探してもらいます。そして、希望に合う求人が見つかったら、それを紹介してもらうことができます。

各サービスにより、扱っている求人の数にも違いがありますので、有力な転職支援サービスを選ぶ必要があります。

また、力のある転職支援サービスを利用すれば、ほかにはない好条件の求人を多数紹介してくれたりすることもあります。

とは言っても、ここでお勧めしたいのは、一般の(どんな案件でも扱っている)転職支援サービスではなく、薬剤師専門の転職支援サービスです。

専門のサービスを利用することで、薬剤師の転職に特化したさまざまなサービスが受けられますし、薬剤師の求人案件が専門の担当者が付いて、いろいろサポートしてくれます。

未分類