看護師として働く職場にもいくつかの勤務場所が
あることがわかります。

その中でも、今回は看護師の職場の1つ
病院についてお話していきたいと思います。

病院と診療所の違いは
入院ベット数の違いにあります。
診療所のほとんどには、入院設備がなく
外来と往診といったようになっています。

ですが、病院では20床以上の入院設備が必ずあると
いうことから夜勤や常勤など勤務制度も様々で、
診療科も数多くあるのが病院だと思います。
軽症の患者さんよりも、慢性疾患などの患者さんの
数が多く見られています。

その他にも最先端の検査を取り入れていたり
手術に力を入れている病院もあります。

病院はこの様な事から、看護師へ対しての負担も
大きく掛かってくるので、託児所があったり
時間や休みを前もって決めて勤務することが
できるなど、様々な点に注目できる事もあります。

また、病院での勤務先を決める時に
前もって考えている病院の情報収集することを
おすすめします。

実際に考えている病院へ足を運んでみて
自分の目で確認をするということもとても大切だと思います。
病院の情報に関しては、看護部長などに直接聞いてみたり
常勤ではなく、初めはパートからスタートしてみる
といった方法も考えられます。

勤務を始めてから、こんなイメージではなかった。
ということだけで、簡単に辞めることもできないと思います。

そうならないためにも、自分の条件に合った
給料や休暇、夜勤や残業、勉強会などを確認して
病院での勤務先を探してみてはいかがでしょうか。